体脂肪と基礎代謝 肉体改造しよう!トレーニング法・フィットネス商品情報

体脂肪と基礎代謝

基礎代謝が上げると脂肪はどんどん減ってくれます。
この基礎代謝と体脂肪の関係性についてです。

まず、基礎代謝ですが、これは生命を維持していく上で必要なエネルギーの事です。
具体的には、心臓などの臓器を動かす為や、体温を一定に保つ為に使われているエネルギーの事です。

体を動かしていなくても必ず消費されている基礎代謝の量が多い人程、脂肪がつきにくい人と言えます。

その理由として、基礎代謝の量が多ければ、それだけエネルギーを消費する事になり、余計なエネルギーを体に溜める事がありません。
常にエネルギーを放出している状態ですので脂肪が増えず、結果として体脂肪も少なくなると言う訳です。

基礎代謝の量は人によってバラバラで、筋肉量の多い人ほど基礎代謝が高いと言われていますので、体脂肪を減らす為に基礎代謝を上げるには、筋肉の量を増やす事が一番の近道となるでしょう。

筋肉には赤筋と白筋があります。
白筋は一瞬のパワーを出すための働きをし、主に糖質をエネルギーとします。
逆に赤筋は、持久力や姿勢維持のための働きをし、主に脂肪をエネルギーとする筋肉です。
インナーマッスルもそうです。)


体脂肪を減らそうと無理なダイエット(無理なカロリー制限)をしていると、反対に基礎代謝を低下させてしまう事になるので注意が必要です。

なぜなら、体内に取り込まれるエネルギーの量が少ない場合、人の体は筋肉を分解しエネルギーに変化させる事で対応しようするからです。
筋肉の量が減っていき、それに伴って基礎代謝量も低下するので、脂肪を溜め込もうとして太りやすい体となってしまうのです。


基礎代謝を上げるためには、バランスのいい食事と有酸素運動と筋肉トレーニングを同時にできるエクササイズが一番です。






| 体脂肪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。