体脂肪が燃焼するメカニズム 肉体改造しよう!トレーニング法・フィットネス商品情報

体脂肪が燃焼するメカニズム

脂肪を少しでも減らしたいと考えてはいても、その体脂肪が燃焼するメカニズムを理解していないと、効果的に脂肪を減らす事は出来ません。

脂肪燃焼のメカニズムについてです。

体の中に蓄積されている体脂肪は、運動を行う事によりそのエネルギー源として燃焼します。

体脂肪が燃焼されるまでの流れとしては、

・運動を行う事で体温が上昇し、血糖値が下がる
・血糖値を安定させようとするホルモンのグルカゴンが分泌
・このグルカゴンから指令を受け、脂肪を分解する酵素リパーゼが活性化され、体脂肪を脂肪酸とグリセリンの2つに分解
・分解された脂肪酸が血液の中に入ると、遊離脂肪酸となり、全身の筋肉に運ばれて運動エネルギーとして消費

このようにして、体脂肪は燃焼していきます。

ただ、私達の体の中には、糖分と体脂肪という2つのエネルギー源がありますが、通常運動エネルギーとして使われているのは糖分の方です。

ですから、体脂肪を燃焼させる為には、まず糖分をエネルギーとして使い切り、その上でさらに体脂肪を燃焼させる為に、一定時間以上の運動が必要となってきます。

また、せっかく体脂肪が遊離脂肪酸に分解されても、運動エネルギーとして燃焼させる事が出来なければ、また元の体脂肪へと戻ってしまいます。

| 体脂肪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。