体脂肪率の基準値・目安 肉体改造しよう!トレーニング法・フィットネス商品情報

体脂肪率の基準値・目安

最近、体脂肪率を減らす事に必死になっている人も多く見られますが、体脂肪にもその年代や性別によって基準値と言うものがあり、少なければいいと言うものではないのです。

具体的な体脂肪率の基準値としては、

・30歳未満の男性⇒14〜20%
・30歳以上の男性⇒17〜23%

・30歳未満の女性⇒17〜24%
・30歳以上の女性⇒20〜27%


が適正範囲となっていますので、この値を目安にしてみてください。

年齢によって基準値が異なるのは、体脂肪率が年齢を重ねると増加する傾向にあるからです。
また、女性には妊娠、出産があるので、男性よりも体脂肪を多く蓄えるようになっています。
ですから、女性の方の基準値が高くなっているのです。

ちなみに、肥満として判定される体脂肪率の値は、男性であれば25%以上、女性であれば30%以上となっています。

ただし、妊娠中の人の場合は体内の組成が通常の状態とはかなり異なりますので、30%以上であっても気にする必要はありません。

それよりも、見た目も普通で体重も平均的なのに体脂肪の値だけが高いと言った、いわゆる「隠れ肥満」の方が注意です。

自分は痩せているから肥満なんて関係ない、とは思わず、成人病の予防のためにも日頃から体脂肪計にのって体脂肪率のチェックをしておくと良いいですね。

| 体脂肪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。