サーキットトレーニングは短時間で効率良く脂肪燃焼 肉体改造しよう!トレーニング法・フィットネス商品情報

サーキットトレーニングは短時間で効率良く脂肪燃焼

短時間で全身が引き締まるサーキットトレーニング方法についてです。

サーキットトレーニングとは、筋力、筋持久力、心肺機能の維持、向上を目的として開発された方法です。
短時間で効率良く脂肪燃焼ができると言われます。

数種類の筋力トレーニングの無酸素運動とウォーキングなどの有酸素運動を組み合わせて、休憩をしないで一定時間継続して行います。

最近では、サーキットトレーニングを専門に行っているスポーツクラブも増えてきていますが、そこでは大概、30秒の筋トレを行ったら、すぐに30秒の有酸素運動を行なう、これを繰り返します。
休憩は入れずに、30分続けるなどがあります。


様々な部位を鍛える筋肉トレーニングと有酸素運動が含まれていればいいので、自宅でもできます。
自分に適したメニューを作ればいいのです。

無酸素運動では、腕立て伏せ、スクワット、腹筋、背筋、ダンベルやマシン、ゴムチューブなどでの筋トレなど。
有酸素運動では、その場で足踏み、軽いジョギング、ステッパー、踏み台昇降など。
それぞれ、自分の体調や気分に合わせ、メニューを組めます。


サーキットトレーニングは、無酸素運動で心拍数を維持し、筋肉量を高める基礎代謝アップにもつながります。
その後の有酸素運動で効率良く脂肪を燃やすことができます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。