インナーマッスル大腰筋の筋トレって言うが 肉体改造しよう!トレーニング法・フィットネス商品情報

インナーマッスル大腰筋の筋トレって言うが

インナーマッスルが注目されていますが、
特に注目されているのが大腰筋。

「ダイエットでここを鍛えれば痩せやすい!」
みたいな感じです。

では大腰筋の筋トレってどうするのか?
というと、レッグレイズやももあげ、
スクワット、フロントランジ、
ウォーキングランジなどがあるといわれます。
(ウェイトトレーニングは除く)
レッグレイズやももあげ、スクワットは
皆さん普通に行っている筋トレです。

スプリットスクワット(前後に1歩分くらい開脚し、そのまま上下に屈伸する)
フロントランジ(一歩開脚しつつ沈み込んだあと、その前足を後ろ足の位置に戻して直立する、この動作を交互に繰り返す)
ウォーキングランジ(フロントランジで前足を後ろ足の位置に戻さずそのまま立ち上がり次に後ろ足を前方に出して、屈伸を繰り返しながら前進する)
などはスクワットのバリエーションという感じです。

インナーマッスルに注目なんていわれますが、
一般の人は、別に大腰筋だなんだのと
あまり意識し過ぎる必要ないと思いますね。

プロではないので、じっくりとトレーニングする
時間なんてないでしょうから。

特にダイエットの場合は、まずは脚などの大きな筋肉を
鍛えたり、動かした方がエネルギー消費が多くなります。
インナーマッスルは、あくまでそれに付随して
鍛えられるという感じでいいのではないでしょうか。

まずはオーソドックスな筋トレと有酸素運動。
身体がある程度慣れ余裕が出来てから、
少し違う刺激を筋肉に与えるって形が
個人的には無理が無いと思います。

| 筋トレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。