肉体改造しよう!トレーニング法・フィットネス商品情報

サーキットトレーニングは短時間で効率良く脂肪燃焼

短時間で全身が引き締まるサーキットトレーニング方法についてです。

サーキットトレーニングとは、筋力、筋持久力、心肺機能の維持、向上を目的として開発された方法です。
短時間で効率良く脂肪燃焼ができると言われます。

数種類の筋力トレーニングの無酸素運動とウォーキングなどの有酸素運動を組み合わせて、休憩をしないで一定時間継続して行います。

最近では、サーキットトレーニングを専門に行っているスポーツクラブも増えてきていますが、そこでは大概、30秒の筋トレを行ったら、すぐに30秒の有酸素運動を行なう、これを繰り返します。
休憩は入れずに、30分続けるなどがあります。


様々な部位を鍛える筋肉トレーニングと有酸素運動が含まれていればいいので、自宅でもできます。
自分に適したメニューを作ればいいのです。

無酸素運動では、腕立て伏せ、スクワット、腹筋、背筋、ダンベルやマシン、ゴムチューブなどでの筋トレなど。
有酸素運動では、その場で足踏み、軽いジョギング、ステッパー、踏み台昇降など。
それぞれ、自分の体調や気分に合わせ、メニューを組めます。


サーキットトレーニングは、無酸素運動で心拍数を維持し、筋肉量を高める基礎代謝アップにもつながります。
その後の有酸素運動で効率良く脂肪を燃やすことができます。

脂肪燃焼・痩せやすい体になるために肩甲骨にも注目

脂肪燃焼・痩せやすい体になるために肩甲骨にも注目されています。

肩甲骨のストレッチなどで、脂肪燃焼しやすい体作りが可能になります。

ポイントとなるのが、「褐色脂肪細胞」です。
褐色脂肪細胞は、脂肪の燃焼や、エネルギーを放出し体温を上げたりします。
また、血液やリンパ液の循環も良くし、代謝の向上やむくみ改善にもつながります。

成人になってから、加齢とともに褐色脂肪細胞の量が減っていきます。
なので、今ある細胞をいかに活性化させるのか、がポイントになります。

褐色脂肪細胞は、首や肩甲骨周りに多く存在します。
特に肩甲骨周りを刺激し、柔軟性を上げて可動域を広くすると、活発に働きだすといいます。
そのための肩甲骨ストレッチです。

肩を前後に回したり、腕を上げたり下げたり、広げたり狭めたり、両手のひらを背中で合わせ合掌したり、とにかくスキ間時間にやるのが継続し易いでしょう。

首・肩コリ予防や姿勢改善にもつながります。




肩甲骨に注目
「ザ・ベストハウス123」出演 前島式バストアップ・ダイエット法
前島式肩甲骨ダイエット
| 体脂肪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体幹筋トレーニングマシーン「ゆら太郎」腰痛予防にも

体幹筋トレーニングマシーン「ゆら太郎」は、座っているだけで姿勢を矯正します。
そして、インナーマッスルを刺激するバランスディスクです。
【数量限定】【DVD付き体幹筋トレーニングクッション】ゆら太郎
座位が不安定化すると姿勢を安定させようとする反応がでて、姿勢保持に重要な役割を果たすインナーマッスルが刺激されます。

「インナーマッスル・コアマッスル」は体の内側(骨に近い深層部)にある筋肉で、姿勢の安定や持久力、動作の質などをつかさどり、関節同士をつなぎとめて滑らかな動作を可能にしています。

「ゆら太郎」を使うことにより、姿勢が安定し、身体のどこにも過度な負担がかからない正しい姿勢が取れることにより、呼吸や内臓の働きなどの全身の機能が正常化され、健康で活動的な日常生活を送ることが可能になります。

正しい姿勢が取れることにより、腰痛予防にもつながります。

【数量限定】格安価格・送料無料なら
>>> 【DVD付き体幹筋トレーニングクッション】ゆら太郎
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。